予防の重要性|フィラリア予防薬でいつまでも健康に過ごす

フィラリア予防薬でいつまでも健康に過ごす

白とオレンジの錠剤

予防の重要性

指でつまんでいるカプセル

犬を飼っている方であれば、動物病院へ連れて行ったときにフィラリア予防薬が処方されます。しかし、どうして毎月フィラリア予防薬を与えなければならないのか?フィラリア症になってしまった場合にはどうなってしまうのか?疑問に感じることでしょう。毎月当たり前のようにフィラリア予防薬を与えているという方でも、感染するとどうなるのか知らない人が案外多いです。
ここでは、今後忘れず予防薬を投与するためにもフィラリア予防薬の必要性について詳しくお教えします。

まず、フィラリア症というのはどこから感染するのか?ということについてお話します。フィラリア症というのは、蚊が媒体となっていて感染している犬の血液を吸い、そのまま他の犬に吸血することで感染します。
そして、フィラリア症に感染した初期症状として「咳」が出てきます。咳は普段からも出るものではありますが、普段とは違う種類の咳をしている、咳をする回数が増えたという場合には注意が必要です。また、咳が出るだけではなく、散歩を嫌がる、元気がなくなるといった症状も現れてきます。これは、すでに心臓や肺にダメージが現れている証拠です。
また、どんどんと症状が進行していくと急激に痩せる、腹水が溜まるというような症状も現れてきます。

フィラリア症に感染してしまったら、フィラリア予防薬を投与しても意味がありません。ですから、治療をするとなれば手術をするか駆除薬を投与することとなります。
ただし、手術をするとなれば体に負担をかけることになりますし、駆除薬を投与するといってもすぐに症状が改善されるわけではありません。
つまり、フィラリア症にならないように予防することが重要なのです。

現在では、月に1回専用のフィラリア予防薬を投与するだけで感染を防ぐことができますので、忘れないように定期的に投与するようにしましょう。